タイピング無料ゲーム情報館TOP ≫  タイピング最適化

タイピング最適化

スポンサードリンク

「C」キーを有効的に使うタイピング最適化

本日は、「C」キーを有効的に使うタイピングの最適化についてお話します。

「か」,「く」,「こ」を打つ場合、大体の人は、「KA」,「KU」,「KO」と打っていると思います。

これを「CA」,「CU」,「CO」と打つことで、速く打てる場合があります。

例えば、

@「航空」と打つ場合、「KOUKUU」より「COUCUU」,

A「高校」と打つ場合、「KOUKOU」より「COUCOU」,

B「引く」と打つ場合、「HIKU」より「HICU」,

C「肉」と打つ場合、「NIKU」より「NICU」,

の方が打ちやすいと思います。(速く打てると思います。)


簡単に解説します。

@,Aについて、なぜ速く打てるかというと、右手だけで打つところを左手も使用する、つまり、両手で打つことで速く打つことが出来ます。結果的に打ちやすく感じるはずです。

B,Cについても、@,Aと同様に右手のみのところを両手で打つことで速く打てます。しかし、それ以外にも速く打てる要因があります。

「K」を使用する場合、B,Cは、@,Aより打ちにくいはずです。

それは、「I」と「K」が並んでいるからです。どういうことかと言うと、両方とも右手中指を使用するからです。同じ指を連続して使用するのは、打ちにくいし、速度も下がります。

それを、「I」と「C」にすることで、同一指の連続使用を回避することが出来ます。

つまり、B,Cは、片手を両手にすることよりも、同じ指の連続使用を避けることで、効果があります。

このように、打ちにくいワードを工夫して速く打つことを、タイピングの最適化と言います。


ちなみに、補足しときます。

Aの「高校」は、最適化しなくても「KOUKOU」で十分速く打てるじゃん、と思った人が多くいると思います。その通りです、「K」を使用して打っても、十分速く打てます。

ですが、「C」を使った方が、両手の分、ほんの少し速く打てるはずです。0.001秒かも知れませんが・・・。

つまり、打ちやすいワードを更に工夫して速く打つことも、タイピングの最適化と言います。

※ただし、打ちやすい、打ちにくいは、人それぞれ違うので、自分にあった打ち方をすれば良いです。あくまで、私の感覚で書いています。

タイピング速度アップのために出来ること

本日は、タイピングを少しでも速く打つために出来ることをまとめたいと思います。

現在より少しでも速くなりたいと思う人は試してみて下さい。


<確実に効果あり>

1.キーボードのチョイス
(自分にとって打ちやすいキーボードを使用する。タイピング速度にかなり影響あり。)

2.体を温める
(お風呂に入ったりして、体や指先を温めておく。かなり違いがでるはず。)


<人によっては効果あり>

3.栄養ドリンクを飲む
(リポビタンDなどの栄養ドリンクを飲んで、眠っている潜在能力を引き出す。)

4.爪を切る
(爪は長いより短い方が有利。人によりけり。)

5.音楽を聴く
(好きな曲をBGMとすることで気分が乗ってくる。または、精神が落ち着く。)

6.お香を焚く
(神経集中などの効果あり。癒しやリラックス効果も。)

7.睡眠をよくとる
(体をベストなコンディションにする。また、成長ホルモンの分泌などの効果あり。)


<効果あるかも>

8.自己暗示
(自分は速く打てると鏡の前で何度も口ずさんでみる。速く打てるような気がしてくる。)

9.キーボードの線の短いものを使う
(長いより短い方が物理的には、タイピングが速く伝わるはず。無線キーボードの場合は近づいてみる。)

10.恋をする
(人は守るべきものができたとき、強くなれる。)


上記10項目全て、または、いずれかを実行するだけで、多少は違いがあるかも知れません。

全く効果の無いような項目もいくつかありますが、

大事なのは、常に「タイピング速度アップのために出来ること」を考えるということです。試行錯誤することが重要です。

指先の最適化

タイピング速度をアップさせるために、色々な工夫をすることを「タイピングの最適化」といいます。

タイピングの最適化については、タイパー養成所の「タイピングの最適化とは?」にも書いていますので参考にして下さい。

一般的に、タイピングの最適化と言えば、

「指1本のところを指2本で打つ」、「打ちやすい指で打つ」、「違うキーを使用して打つ」などのテクニックのことを指します。

しかし、忘れてはいけないのが、「指先の最適化」などのテクニック以外のコンディション的要素です。

例えば、お風呂あがりにタイピングすると、いつもより速く打てたという経験はありませんか?それは、お風呂で体が温まって、当然、指先も温まって、良いコンディションになったからです。

このように、タイピング以外の要素を最適な状態にすることも、私は、「タイピングの最適化」と考えています。

では、本題の「指先の最適化」について、お話します。

タイピングは、指先を使うので、やはり、指先が器用な方が有利だと思います。ピアノをやっている人がタイピングが速いというのはよくある話です。

そこで、私が実践した指先を器用にする手段をお話します。それは、折り紙です。なんか、話がちょっとズレ始めているように感じるかもしれませんが、指先には良いんです。タイピングに行き詰ったときに、気分転換に折ってみたんです。

私が挑戦したのは「福山ローズ」です。どうせ折るなら難しいやつをと思って、挑戦したんです。折り方も丁寧にホームページに載っていたので・・・・・。

しかし、これがめちゃくちゃ難しいんです。最初に折ったときには、1個折るのに、なんと、1時間40分もかかったんです。2個目は、だいだい覚えたので、すぐに折れるだろうと思っていたのですが、1時間20分もかかりました。

福山ローズ@

3個目以降も1時間前後かかっていましたが、10個くらい折ったところから、1個につき20分くらいで折れるようになりました。

折り方を覚えたのもあると思いますが、なんか、指先が思うように動くようになった気がしたんです。脳からの命令が指先の細部に伝わるようになった感じです。

福山ローズA

実際、タイピングを行ってみると、以前よりは若干ですが速くなったように思いました。もともと、指の動きが硬かったというか、ぎこちなかったのですが、少し滑らかになったように思います。

これは、あくまで私が感じたことで、折り紙を折ったから、「タイピングが速くなる」というわけではないと思います。

でも、指先が器用なのは、タイピングにとって有利なことであり、脳の活性化にもつながると思うので、気分転換に挑戦してみるのも良いかもしれません。

このように指先を鍛えることは、スポーツ界でいうところの、基礎体力作りに近いものがあると思います。タイピングを鍛えるために、タイピング以外の要素を高めていくことも重要です。

「zi」と「ji」を使い分けるタイピング最適化

もっとも簡単なタイピングの最適化。

それは、「ji」と「zi」を使い分ける。「じ」を打つ場合、前後の文字で、それぞれを使い分けると少しだけ速く打てます。

例えば、「う」や「ん」の後では、「zi」を使った方が速く打てます。

確かに、左手小指は使いにくいけど・・・・・。

タイピングの最適化をほとんどしていない私が唯一使っているのが、この「ji」と「zi」の使い分けです。

「xn」を使用するタイピング最適化

タイピング無料ゲームスタジオの「タイピング(都道府県)」をローマ字入力でタイピングする場合、

「県」が大量に出てくることに悩まされる。なぜ、悩まされるかと言うと、それは、「県」の「ん」を打つ場合、大抵の人は、「nn」を使用しているからである。

「nn」だと、どうしても同じキーの連打になり、速度低下につながる。こういう問題が発生した場合に、解決策を考えることが、「タイピングの最適化」である。

この場合のタイピング最適化は、「ん」を「xn」を使用して打つ。これだと、同じキーの連打にはならないので、「同じキー連打による速度低下」は防ぐことが出来る。

ただし、やはり、慣れが必要で、いきなり「nn」を「xn」に変えても、逆に速度低下になる場合があります。

しかも、「xn」の「x」は、左手薬指を使用することになるので、打ちにくいと感じる人が多いはずです。おそらく、指の中で一番使いづらいのではないかと思います。これは個人差があると思うので、右利きの私がそう感じてるだけかもしれませんが・・・・。

しかし、これも慣れてしまえば、1つの武器です。トップタイパー達のコンマ数秒の戦いでは、威力を発揮します。また、「x」を必ず左手薬指で打つ必要もありません。左手中指で打ってもOKです。

このように、使用する指を変えることも「タイピングの最適化」です。打ちにくい指ではなくて、打ちやすい指に変えるので、速度は上昇します。しかし、無理にタイピングの最適化をすると、タイピングの正確性が下がりますので、注意が必要になってきます。
スポンサードリンク
Copyright (C) タイピング無料ゲーム情報館. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。